下関にお出かけの際は旅館に宿泊して旅気分を味わいましょう

本州と九州の玄関である下関。
いわずとしれた関門海峡のある土地です。
この土地ならではといったら、やっぱりふぐを代表とする海産物でしょう。
日本海の豊富な海の幸、とりわけふぐの美味しさは、他のどこでも味わえるものではありません。

有名な下関の唐戸市場を訪れると、広い場内のなかにさまざまな海の幸がよりどりみどりひしめいています。
売る側買う側ともに活気と熱気に満ちていて、歩いているだけでも楽しくなるものがあります。

市場では売られている店の軒先のスペースで、どんぶり物などを購入して食べることも可能です。
さすがに落ち着いて食べられる、とはいきませんが、新鮮な魚やえびやふぐなどをたっぷり、自分の好きな分だけ選んで味わえるライブ感は、なかなかほかでは味わえない体験ではないでしょうか。

そして、やはり宿泊するところでも、日本海の美味しいものをいただきたいところです。
とりわけ和風で趣きのある旅館などでふぐをいただく、というのは素敵な贅沢で、宿泊費に見合った価値があります。

冬だとふぐ鍋をつついたりひれ酒を味わったりして、と考えるだけでも楽しみが募ります。
いざ観光へ訪れると、下関だけではさすがに少し時間をもてましてしまうかもしれませんが、少しだけ足をのばせば九州博多にも山口萩のほうへもいけますので、そのあたりを含めて日程にあわせた観光プランを練ると良いでしょう。
いずれにしても、季節問わずに味わえるふぐをぜひ本場で味わっていただきたいところです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ