白川郷の旅館の風情あふれる雰囲気

岐阜県の白川郷と聞けば、誰もが世界遺産である合掌造り集落を連想するほどの有名な観光地です。
岐阜県飛騨地方や北陸地域を観光する際は、可能であれば立ち寄ってみたい場所の一つかと思います。
交通アクセスとしては自動車を使う事は必須です。
旅行ツアーであればバスで容易に行くことができます。

ルートとしては岐阜県高山市から北上するか、富山県から南下するルートの二つがあります。
両ルートも周辺に観光地が多いため、併せて周ってみても面白いと思います。
さて、白川郷において一般的な旅館と聞いて思い浮かべる宿泊施設は多くありません。
大部分の宿泊施設は合掌造り集落にある合掌民宿がほとんどです。

いわば暮し体験に近いと言えると思います。
もちろん通常の形態の民宿もありますので選択は可能となります。
いずれにしろ白川村における宿泊施設の収容人数にも限界がありますので、暮し体験をかねて宿泊したいという人以外は、周辺地域の観光地にある旅館やホテルに泊まることをお勧めします。

なぜならば周辺地域も有数の観光地であるため有名な温泉旅館からコテージ、ビジネスホテルなど数が多くあるため、希望にあう宿泊施設を選ぶことが容易であるためです。
また、周辺地域から白川郷まで高速道路をつかえば短時間で訪問できることも理由の一つです。

世界遺産に認定されたからには周辺の環境を含め維持管理が必要となります。
暮し体験をしてみたい方は白川村に宿泊すれば良いですが、それ以外の方は環境のためにも他の地域で宿泊して観光に行くことをお勧めします。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ