仙台の旅館といえば温泉が欠かせません

仙台市は東北最大の都市として有名です。
100万都市として多くの人口を抱え、都市部の発達はいまだとどまることを知りません。
近年では駅前周辺の再開発も計画が進行中で、大きな様変わりを見せてくれることになりそうです。

こうした都会としての特徴がある一方、東北らしく豊かな自然を抱える街でもあり、仙台市は東は太平洋を望み、西は山形県と境を接するとても大きな面積を有し、魅力的な観光地の要素も十分です。

この地で宿泊地といえば、秋保や作並などに代表される温泉街が有名です。
街中からは少し離れた山間部にありますが、交通アクセスは抜群で都市部の観光とともに気楽に立ち寄れる場所になっています。

温泉資源を有効に活用した旅館が多く立ち並び、人気を博しています。
そのアクセスの便利さから日帰り温泉などのサービスにも力を入れていて、地元の人達も温泉に浸かるだけ、食事だけをしに行くなどさまざまな旅館の楽しみ方を満喫しています。

多くの旅館などは東日本大震災の直後には、多くの復興支援に訪れた人員の宿泊施設としても力を発揮しました。
温泉街自体も大きな被害を受けましたが、周辺地域の復興に果たした役割は大きいものがありました。

仙台市の特徴である海も山も近く、豊かな食文化があるという利点を活かし、食事は大いに楽しめるという定評があります。

温泉のみならず、食事を目当てに再訪されるお客さんも多いそうですで、駅周辺や有名な歓楽街の国分町近辺からも、送迎バスが運行していますので利便性が高いです。
一度訪れてみる価値はあるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ