石川県の旅館の温泉と観光の特徴について

北陸にある石川県は、金沢を中心として能登や山中、山代、片山津、和倉といった、全国でも有名な温泉地があります。
金沢は、加賀百万石の歴史と伝統に触れることができる地域で、加賀藩の歴代藩主によってつくられた日本庭園があり、日本三大名園の一つで、江戸時代を代表する池泉回遊式庭園としての特徴をよく残しています。

また、庶民の台所として約300年もの間、金沢の人々の生活を支えてきた市場が存在していて、ここでは加賀野菜といった特産品や日本海の魚といったあらゆるものが販売されています。

金沢周辺の宿泊施設はホテルが多いですが、料理旅館もあります。
全国でも有名な宿泊施設の姉妹館になるので、地元の食材を使用した加賀料理を十分に堪能できます。

しかも金沢駅から近いので、金沢の観光地を巡りやすいという利点もあります。
金沢から北には能登半島があり、能登半島の輪島の朝市や世界農業遺産の千枚田は観光地としても有名です。

千枚田は冬の時期にはイルミネーションで飾られ、夜景に千枚田の素晴らしい風景が浮かび上がります。
能登半島には数多くの温泉宿泊施設があり、その周辺の観光と日本海で捕れた海の幸を満喫することができる地域になります。

運が良ければ、「日本海の波の花」を見ることもできますが、これは、波が高く寒さが厳しい日に見ることができる自然現象です。
そして、加賀温泉郷として山中、山代、片山津、粟津温泉があり、それぞれに個性豊かな温泉施設が数多く存在します。

このように、石川県にはたくさんの温泉旅館があります。
そして、その周辺には、歴史や伝統を知ることができる観光地があります。

宿泊施設に泊ると、石川県が加賀藩として栄えてきたことが、ゆっくりと時間の流れと共に感じられるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ