岐阜県の温泉旅館の特徴について

岐阜県にある温泉地は、主に下呂温泉や恵那峡温泉、飛騨高山温泉や奥飛騨温泉郷になります。
特に下呂温泉は全国でも有名な温泉地で、その為、旅館が数多くあります。
下呂温泉の泉質は、単純温泉です。

また、岐阜県の名産が飛騨牛や朴葉味噌といった山の幸の為、それらがメインになる食事が主になります。
その為、下呂温泉では、各旅館がそれぞれの個性を出せるように工夫を凝らしている宿泊施設があります。

例えば、檜の良い香りを活かした大浴場の、源泉かけ流しの温泉です。
また、下呂の街並みを見下ろせる露天風呂といった宿泊施設もあります。

このことから、下呂温泉の旅館選びは、食事内容の選定も重要ですが、やはり源泉かけ流しの温泉や温泉施設といった要素を重要視するのがお勧めです。

次に恵那峡温泉は、観光地のメインとしては、やはり恵那峡になりますが、観光船でクルーズをすることができますし、貴重な野鳥を見ることもできます。

この地域の宿泊施設では、露天風呂から恵那峡を一望できるところがあります。
また、温泉の泉質によっては、海水と塩分濃度がほぼ等しい塩化物泉の泉質をもっています。

高山地方にある飛騨高山温泉は、世界遺産の白川郷の合掌造り集落へ最も近い温泉地で、飛騨高山の更に奥に位置するのが奥飛騨温泉郷です。

この地域は、豊富な源泉と多彩な泉質の温泉をもった宿泊施設が多い地域で、その湯量は、岐阜県の中でも指折りの温泉地です。
このように、それぞれに異なる泉質や工夫を凝らした宿泊地の多さが岐阜県の特色と言えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ