千葉・南房総の自然と触れ合い、旅館の天然温泉・人魚の湯でリラックスしよう

千葉県は、年間を通して寒暖の差が小さいことで知られています。
特に、千葉県南部、三浦半島と東京湾を臨む南房総には、温暖な気候と海の幸を利用した観光地が多くあり、南房総国定公園に指定されています。
例えば、海に潜って魚を見たい人には、館山ダイビングサービスSARAといった施設があり、南房総のきれいな海をエンジョイできます。

一方、陸地の自然と触れ合いたい人には、ポピーの里、館山ファミリーパークがぴったりです。

館山ファミリーパークは房総半島の南端に位置し、房総フラワーライン沿いの花の楽園で、春には10万株100万本のポピーが咲き誇り、温暖な気候を活かして栽培された花とハーブを楽しめます。

その他、パークゴルフやパターゴルフ、釣り、わんわん広場ではペットもOKなど、家族全員が遊べる公園です。
自然と触れ合った後は、天然温泉の人魚の湯・旅館「海紅豆」に泊まってリラックスしましょう。

海紅豆は、新鮮な天然物の海の幸と無農薬野菜を中心とした食材を使う、健康食志向の宿です。
そして、人魚の湯と名付けられた天然温泉に入れば、目の前には東京湾が広がり、その広々とした空間は心身共に開放感をもたらしてくれます。

また、人魚の湯には、男女一つずつ石湯が付いていて、人魚気分で温泉に浸かれます。
もう一つの楽しみは、離れに設置された家族連れに人気のキャンピングカーです。

キャンピングカーの宿泊ではバーベキューをしたり、専用の畑で農業体験をしたりと、野外レジャーを存分に堪能できます。
海紅豆は、南房総の自然の恵みを一杯に受けてくつろげる宿としてお勧めです。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ