富士山周辺散策と湖上展望風呂を楽しめる旅館

富士山は、静岡県と山梨県に跨る標高3776mの日本最高峰の山です。
古来より神の山とされ信仰されてきましたが、近年人々の自然回帰の影響からか、登山者の数が増えています。
一方、その周辺地域も過去の噴火の歴史を受けて富士五湖などの自然に恵まれている為、多くの観光客が散策に訪れます。

富士五湖とは、本栖湖・精進子・西湖・河口湖・山中湖の5つからなり、2013年9月には、富士山と共に世界文化遺産に登録されました。
ところで、富士五湖のひとつ河口湖は、最も早く開発された湖で、遊覧船やロープウェイ、キャンプ場といった施設があります。

また、近年温泉が掘削され、富士河口湖温泉郷として人気を集めています。
この温泉郷にあって、河口湖を湖上から眺められる温泉がある旅館が「山岸旅館」です。

湖上風呂から見える河口湖が雄大で、日が暮れると夜景も綺麗に見える24時間入れる温泉と桧展望露天風呂があり、露天は桧の香りに満ちています。

展望露天風呂からは、河口湖やロープウェイが見え、のんびりとした開放感が味わえます。

更に、もうひとつお勧めの宿は純和風旅館「湖山亭 うぶや」で、こちらは部屋の窓ガラスを大きな枠にし、まるで額縁に入った様な構図の富士山の姿を楽しむ事が出来ます。

特徴的なのは、湯気でガラスが曇らない様、大浴場の高さ5メートルのガラスに温風が吹き付けられており、温泉に浸かりながら、広大な富士山や河口湖の絶景を眼前に捉えられます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ