沖縄の郷土料理が食べられる旅館と離島・竹富島を巡る旅

沖縄県は日本の最南端にあり、大小160ほどの島からなる亜熱帯海洋性気候の地域です。
琉球王朝と言われた古くから、中国や日本本土との海外交易が盛んでした。
今もなお独自の歴史や文化を持っていて、その文化や歴史に触れる為、世界遺産となった首里城などに多くの旅行者がやって来ます。

一方、食べ物も独特の食材を使い、例えば野菜ならゴーヤーやパパイア、肉なら山羊肉といった素材が、オリジナルの味付けで料理された物が訪れる人を楽しませます。

こうした沖縄の料理を食べられる旅館が「沖縄家庭料理の宿 なかはら」で、メニューは、脂っこさがない豚の角煮や、中はもっちりで外はカリカリの紅芋葛アンダギー、そして、程よい苦みのゴーヤーサラダと盛りだくさんで、思う存分郷土料理を味わえます。

また、泡盛に漬込んだ女将特製の果実酒も評判で、お代わりをする人が絶えません。
こんな沖縄には、石垣島や宮古島の様な観光客に人気の離島も多く存在します。

その離島の一つが竹富島で、伝統的な赤瓦の屋根と昔ながらの町並みや白砂の道、遠浅の海が人気の的で、サイクリングや徒歩、あるいは水牛車にも乗れるので、マイペースにゆっくりと島巡りをエンジョイ出来ます。

竹富島には手作りの離島料理が体験可能な「高那旅館」という旅館があり、お勧めです。
例えば、2食付きのスタンダード宿泊プランの料理は、八重山そば、豚肉の昆布巻き、軟らかくこってりした石垣牛ステーキとボリューム満点です。

こうした郷土料理を堪能し、離島竹富島を散策すれば、もう一度沖縄を訪れたくなる事は間違いないでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ