福井の東尋坊巡りと、日本海の幸が味わえる旅館

福井県は、日本海と若狭湾に面する人口約80万の県で、永平寺町にある道元が開山した曹洞宗の本山永平寺や、坂井市の海岸沿いにある断崖絶壁・奇岩で知られる東尋坊といった所が有名な観光地です。
その東尋坊は、水面からの高さが25mもある為、岩の上から下を見渡すとまさにスリル満点の絶景です。

近くには、日本海唯一の大展望台と言われる海抜100m、地上55mの東尋坊タワーがあり、展望台からは、東尋坊や越前海岸を眼下に見下ろせます。

更に、タワーから徒歩10分程度に越前松島水族館があり、ここは、「みて・ふれて・楽しく学べる水族館」がテーマで、海洋生物を近距離で観察し、触れる水族館として人気があります。

例えば、タコやサメの仲間にタッチしたり、フンボルトペンギンやキングペンギンの散歩を見る事が出来ます。
こうした、東尋坊エリアを巡る旅の宿泊には、天然温泉に入れて、旬の海の幸を食せる旅館「望洋楼」をお勧めします。

日本海の海岸線と東尋坊を眺めながら望洋楼の大浴場に浸かれば、日頃の疲れも癒されリラックスできると共に、10ある部屋の内6部屋には、2人が入れるほど大きな陶製の温泉露天風呂が付いているので、ゆったりした時間を過ごせます。

料理は、三国懐石と名付けられたメニューが絶品で、四季折々、旬のウニ・アワビ・毛蟹などの魚介類を味わえます。
食材には、吟味した地元産の旬の素材を使い、浜で獲れたばかりの新鮮な日本海の恵みを楽しめます。

この様に、日本海の雄大な景色を眺めながら福井の温泉に浸かり、旬の料理を満喫できる旅を、次の旅行プランのひとつとして推奨します。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ