白浜の多彩な観光と、全室オーシャンビューの老舗旅館

白浜町は、和歌山県南西部の海岸沿いに位置する温泉で知られた町ですが、近年は温泉以外の集客にも大きな力を注いでいます。
例えば、旅館協同組合による、白良浜と呼ばれる砂浜を素足で歩いて健康になろうという呼びかけです。
人の足裏には体のツボがあると言われており、軟らかい砂を素足で歩く事によって刺激を与え、内臓の健康を取り戻す試みです。

協同組合は、ビーチヨガ体験のイベントも開催していて、白良浜から見える雄大な海を眺め、潮風を受けながらヨガをすれば、より大きな効果が得られるとした催しとなっています。

その他、動物園・水族館・遊園地の3種類を併せ持つ施設のアドベンチャーワールドがあり、ここではジャイアントパンダが飼育されている為、多くの観光客が訪れます。

こうした観光スポットを持つ白浜の宿泊には、1604年創業の老舗旅館「湯崎館」が良いでしょう。
全室が太平洋に臨むオーシャンビューの和室で、白浜のシンボル円月島と白良浜が眼下に見られ、絶景を楽しむ事が出来ます。

その昔、紀州の殿様が入ったと言われる温泉施設跡に造られた屋形の湯と呼ばれる露天風呂があり、殿様気分でゆったりと湯船に浸かれます。
また、薬殿の湯と名付けられた岩風呂があり、石を集めて造ってある為、足の裏が刺激されて血行が良くなると言われています。

料理は、伊勢エビやアワビ付き会席プランがお勧めで、1人に1匹ずつ伊勢エビとアワビが付く他、四季折々の旬の魚介類が満載の豪華メニューです。
このような白浜観光と温泉、豪華な海の幸とオーシャンビューは、日頃の疲れを癒し心身ともにリフレッシュしてくれるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ