青森・八戸のグルメ旅と、カニ料理を味わいバラ風呂に入れる旅館

青森県は東北地方の最北端に位置し、西は日本海、北は陸奥湾と津軽海峡、東は太平洋と海に囲まれており、内陸部は奥羽山脈周辺の山地です。
これらの海は、青森県に多くの優良漁港をもたらし、日本海側の鰺ヶ沢漁港、陸奥湾の田辺漁港、太平洋側の八戸漁港といった全国に魚介類を提供している漁港があります。

そうした漁港の内、八戸漁港のある八戸市はイカの街としても知られていて、その料理方法は様々で、刺身やイカ丼、イカイクラ丼と、いろいろなメニューが訪れる人を楽しませてくれます。

また、八戸を有名にしたB級グルメに八戸せんべい汁があります。

このせんべい汁は、野菜やキノコでダシを取った鍋物の具材に、肉・魚・野菜と共に専用に作られた南部せんべいを入れて煮込んで食べる料理で、鍋物用のせんべいは、もちもちしながらも滑らかな舌触りが味わい満点です。

八戸には多くの魚介類の中でも人気の高い、カニ料理をメインにした旅館「かにのお宿」があります。

メニューのひとつに、季節ごとの蟹創作懐石料理があって、カニそのものは勿論、カニ爪のウニ蒸し焼きやズワイガニ・うに・ボタンエビの海鮮寿司など、宿オリジナルの料理が秀逸です。

更に興味を引くのが、天然石を用いた湯船にバラを浮かべた風呂で、自然石の感触と、バラの香りと色彩に包まれて浸かれば、心身ともにリラックスし夢心地の気分になれます。

この様な八戸グルメ旅とカニ会席料理、そしてバラ風呂に入ってリフレッシュし、明日のエネルギーの源にしましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ