下呂温泉の和風旅館で日本情緒を味わう

日本三大名泉のひとつと言われる下呂温泉は、岐阜県下呂市に存在する名湯として有名です。
飛騨の山中にありながら千年以上の歴史を持ち、戦国時代には織田信長が湯治を楽しんだとも言われています。
下呂市は平成16年の町村合併により町から市に昇格し、観光産業を主軸として観光立市を目指しています。

その面積のうち大半を山林が占め、飛騨川の流れに沿って山並みが迫り、国定公園や自然公園に指定されるほど豊かな自然に恵まれた地域です。

飛騨美濃の紅葉33選に選出され、シーズンには多くの観光客から感嘆の声が聞かれます。
JRや国道が走っているため各地からのアクセスも充実し、首都圏や関西圏からも手軽な旅行先として人気がある場所です。

温泉街は川沿いを中心に純和風の施設からリゾートホテルまで約50軒が建ち並び、泉質はアルカリ性単純泉で健康増進や疲労回復などの効能のほか、美肌効果も得られます。

山紫水明を誇る地を訪れ、さらにその日本情緒を味わう一晩の宿には、純和風の宿がお勧めです。

プロが選ぶ日本のホテル、旅館100選にも入った老舗旅館や、前面ガラスから温泉街を一望できる宿、懐石宿、国指定有形文化財に指定されている宿、離れのある宿など、それぞれ特色を持っています。

半数以上が露天風呂付きの客室を備えていますが、そのタイプのないところでも露天風呂や掛け流しの温泉が自慢の宿ばかりです。
貸切風呂や貸切露天風呂を持っている宿なら、グループ旅行や家族旅行、職場での旅行にも向いています。

旅の目的や、好みや予算に合わせて、それぞれ特徴ある旅館の中から最適な宿を選択し、旅の良い思い出を残しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ