泉質の違う2種類の湯を引く伊香保温泉の旅館

天まで伸びそうな程の高い石段で有名な伊香保温泉には沢山の旅館があり、どこも情緒溢れる雰囲気を醸し出しています。
温泉は黄金の湯と白金の湯に分かれ、場所によって湯の性質が違います。
塚越屋七兵衛が引く黄金の湯は万葉時代から湧き続ける源泉で、旅館の中でも少ない茶色の湯で、神経痛や慢性消化器病をはじめ、皮膚病にも効果的です。

六角形の大きな檜露天風呂は良い香りが漂い、旅の疲れを癒してくれるでしょう。
また、料理はとろけるような食感の国産牛の鉄板焼きや、たっぷりの野菜と太めの手打ちうどんを鍋にした郷土料理などが登場します。

更に、高級感溢れる館内にはアロママッサージなどを行うスパを併設した別館があるので、連泊の際は本館とは違った魅力を味わってみるのも良いでしょう。

そして、縁結びで有名な伊香保神社にはカップルも多く訪れます。
この地に絆を深めに来た二人の為に、旅館さくらいでは貸し切り風呂付プランを用意しています。

女性はサービスの可愛い色浴衣を着て、下駄で石段を上がるとカラコロと風情ある音が鳴り響き、男性の気持ちもくすぐられることでしょう。

貸し切り風呂は家族連れで使用可能なプランもあり、小さな子供を連れている場合や体が不自由な方などが気兼ねなく入浴できるシステムになっています。

病後回復や健康増進に効果がある白金の湯は透き通るように美しく、露天風呂からは赤城の山を望めます。

400年も前に始まり、今なお同じクオリティの湯が湧き続ける伊香保は、石段を挟むようにお土産屋や足湯、そしてこの地発祥の温泉まんじゅう屋が並んでいます。
家族でもカップルでも楽しめるこの温泉地で、旅を満喫しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ