温かみのある旅館へ泊まったら横浜の街を巡ろう

神奈川県東部に位置する横浜市は政令指定都市のひとつで、外国の文化を早くに受け入れた港町として知られており、現在でも、異国を感じられる洋館が点在しています。
例えば、スパニッシュスタイルの山手111番館は、赤瓦の屋根と白い壁がとても魅力的な建物で、館の周りは様々な色をしたバラで彩られています。

また、緑の窓枠が明るく素敵な雰囲気の漂うブラフ18番館では、大正末期に使用されていた家具を展示するなど、当時の暮らしを体感出来ます。

他にも、観光スポットとして有名な横浜中華街やよこはま動物園ズーラシア、みなとみらい21など、色々な見所を持つこの市を訪れるなら、宿泊施設に泊まってゆっくりと巡りましょう。

「旅館 皆楽園」は、海のすぐ近くに立地しているため、釣りや潮干狩り、海水浴などのレジャーを楽しむのにもってこいの宿です。
アットホームな落ち着いた雰囲気の和室なので、我が家のようにのんびりとした時を過ごせます。

2013年10月現在、素泊まりなら1室1名で5,250円、2名以上なら1人4,725円と非常にリーズナブルな価格で宿泊できます。
また、創業明治17年という歴史を持つ「旅館 松島」もおすすめです。

畳の和室を昔から大切にしてきたこの旅館は、部屋が純日本風の和室であり、大広間の宴会場も用途に合わせて利用できます。
食事は隣接する食事処の板前が調理し、厳選した相模湾の魚介類と季節ごとに旬な食材を用いた料理で、見た目からも食欲をそそられます。

このように、ほっと一息つけるような旅館へ泊まり、横浜の名所や街並みを巡れば素敵な思い出が作れることでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ