落ち着いた佇まいの旅館がある秋田はとても魅力的です

秋田は美味しい食べ物が多く、自然が溢れ美しい景色も楽しめる場所です。
東北の耶馬溪とも呼ばれる抱返り渓谷は、道があまりに険しく人々がすれ違う際にお互いを抱き合うように支えながら返さなければいけなかったということからこの名が付いたと言われています。

秋田県で最も古いとされる吊り橋が架かっていたり、独特の青い色をした渓流に緑の濃い原生林が生えたりと迫力満点のスポットです。
一方、名物の料理と言えば稲庭うどん、比内地鶏、ババヘラアイスと色々ありますが、最も有名なのはきりたんぽではないでしょうか。

作り方はとてもシンプルで、炊いたご飯を潰してこね、串に巻き付けて焼きます。
焼けたら比内地鶏のだしが効いた鍋に入れ、鶏肉やごぼうにネギなどの具材を加えてきりたんぽ鍋にするのが定番です。

このように、食や自然など様々な所を堪能出来る秋田県に行くなら、日帰りではなく宿泊してじっくり楽しみましょう。
そこでお勧めの宿が「花心亭しらはま」です。

客室からは雄大な山々を背景とし、その前に広がる田沢湖が見渡せます。
特に、湖に沈んでいく夕日は素晴らしい眺めです。
24時間入れる大浴場と露天風呂があるのはもちろん、家族でゆっくり入れる貸切家族風呂も備えられています。

また、「旅館多郎兵衛」では女将が料理を手作りし、この地の豊かな自然の中で育った山菜や渓流の魚を使用した旬な食材が味わえますし、源泉かけ流しの温泉が身も心も温めてくれます。

落ち着いた静かな客室でゆったりとした時間を過ごせます。
秋田を訪れた際は、是非こういった魅力溢れる旅館に宿泊してみてはいかがですか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ