眺望が良く地元の新鮮な料理に幸福感を味わえる佐渡の旅館

佐渡というと、おけさ節や小木のたらい舟、そして、絶滅危惧種であるトキの生息地として知られ、江戸時代に盛んだった金の産出地としても有名です。
島の面積は東京都の約半分の大きさですが、中央部の平野では稲作が盛んに行われ、収穫されるコシヒカリは美味しいと高い評価を得ています。
一方、海に囲まれている環境のため漁業も昔から盛んで、新鮮な魚介類や、日本海の荒波で育つワカメや岩のりなどの海藻類は喜ばれる土産物となっています。

かつて、貴族や武士の島流しの地だったことから、能や狂言、人形芝居など中央の文化が伝わり、文化財の宝庫とも言われる程、文化財が多数保存され一見の価値があります。

島内の至る所では様々な温泉が湧き出ており、温泉を利用した宿泊施設が、両津地区に11軒、相川地区に8軒、その他の地区に2軒存在します。

両津港近辺の旅館には、高台や露天風呂からの眺望をアピールする所が多く、中には広大な赤松林の高台に建ち松林庭園に囲まれた客室や、加茂湖畔に位置し、全室湖面に面した客室をセールスポイントにしている旅館など、バラエティに富んだ宿が多く、訪れる観光客を飽きさせません。

いずれも、海、湖、山の自然の景観を活かし、日本海で獲れる新鮮な海の幸の料理が自慢の宿ばかりです。

景勝地として観光客が訪れる相川や外海府海岸付近にある旅館では、海辺や高台に位置する施設が大多数で、部屋や大浴場から眺める夕陽は思わず息を飲む美しさですし、海上に瞬く漁火は旅情を誘われます。

佐渡には、露天風呂に浸りながら眺める景色と新鮮な海の幸に幸福感を味わえる、思い出に残る宿がたくさん揃っていますので、是非訪れてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ