埼玉にある長期滞在型の宿と歴史を感じる重厚な建物の旅館

埼玉県は関東地方の内陸部に位置し、深谷ネギ、草加せんべい、狭山茶など生産地の名が付いたご当地グルメや、春日部の桐たんすや岩槻人形で全国的にも有名です。
県内には、高速道路や自動車道の道路網、新幹線を含むJRや私鉄各社の沿線が整備されており、通勤、通学、ビジネスから行楽まで幅広い利用があります。

大都市が多い反面、自然に恵まれた地域も多く、国立公園や自然公園は手軽に自然に触れられる場所として行楽客に親しまれています。

埼玉県には数え切れない程の宿泊施設が存在し、さいたま市近辺にはビジネス用や都市型のホテルなどが集中している中で、長期滞在型のビジネス旅館も数軒建っています。

建設や工事関係者、学生のスポーツ合宿、サッカー観戦やライブなどのイベントの際の宿として利用されています。

1泊朝食付きで4,300円の格安な所もありますが、大体が5~6千円位で、1か月以上の滞在になると割引があったり電気製品の無料貸し出しがあるなど喜ばれています。

夜祭で有名な秩父地域は5つのエリアに分けられ、4~10軒程度ずつ昔ながらの和風旅館が分散して位置しています。

この地域のネットランキングに登場する秩父七湯「御代の湯」は山中の一軒宿ですが、創業180年余の歴史を感じる重厚な建物で営業を続けています。
露天風呂付の客室が4室あり、その料金は1泊2食付2万円前後で、長瀞で渓流下りを楽しんだ後の宿にお勧めです。

埼玉には低料金で宿泊できる長期滞在型の宿も、歴史と重みを感じる旅館も色々ありますので、旅の目的によって宿泊場所を選択し利用する事ができます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ