雲仙岳の旅館は風情があってお勧めです

雲仙岳は長崎県島原半島の中央部にある火山でカルデラの外輪に位置し、三峰五岳の雲仙岳と呼ばれています。
また、現在の平成新山を形成した噴火活動は1989年から始まり、1990年に噴火して以来そのまま終息すると思われましたが1991年に再び噴火しました。
その後は何度も噴火が拡大していき、降り積もった火山灰による土石流が発生し、噴火活動は一時的な休止を挟みながら1995年まで継続したのです。

この当時の様子を詳しく知るには、雲仙岳災害記念館を訪れると当時の資料や写真、実写映像や被災物が展示してあるため分かり易いですし、自然災害の脅威を風化させずに後世へ語り継いでいくのに役立ちます。

一方、この地の観光スポットやレジャーは、広々したゴルフ場や自然豊かな景色を一望出来るロープウェイ、テニスコート、美術館などがあって楽しい時間が過ごせます。

こうした観光の後には、疲れを癒すために温泉街の風情のある宿に泊まって、おもてなしを受けましょう。
各旅館は源泉から直接湯を引き入れているところが多く、天然硫黄温泉の掛け流しが自慢です。

また、温泉街は古湯・新湯・小地獄の3つに分類されていて、湯けむりが漂った旅館街は幻想的で見どころですし、昔ながらの雰囲気の共同浴場は、日帰りの旅行者に多く利用されていて好評です。

しかし、せっかくなら風情のある旅館に宿泊して、普段と違ったゆっくりとした時間を過ごしてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ