能登半島の旅館に泊まり、日本の唯一を楽しんでください

石川県の能登半島は、北陸地方の中央から日本海に向けて突き出している半島で、日本内で日本海側海岸線のうち最も突出面積が大きい半島と言われています。
能登半島の内部は、標高200~500m程度の丘陵地帯が続いているので平地が少なく、輪島市にある千枚田は観光スポットです。

その中でも、白米千枚田が眺められるのは日本で唯一ここだけなので、折り重なるような1,000枚の小さな田んぼへ是非訪れましょう。

本来、海岸の砂浜は車の乗り入れが禁止されていますが、千里浜なぎさドライブウェイは車で海岸の砂浜を走ることが可能で、これも日本では唯一なのでお勧めです。

千里浜の砂は通常の海岸より粒子が小さく、海水を含むと締まるので自由に波打ち際を走行可能で、他の海岸では味わえない感覚と景色をたっぷり楽しめます。

他にも、能登半島には水族館や美術館などの観光スポットがあり、夏には海水浴も楽しめてファミリーにも最適なので、何日か滞在して観光するとよいでしょう。

地元の新鮮な魚介類を使った料理でもてなしを受けたり、大浴場や露天風呂に浸かってくつろぎ、日頃の疲れを癒すこともできます。
日本海の新鮮獲れたての魚介類が味わえたり、炉端で目の前で焼きながら食べられる旅館もあり、目と舌の両方で楽しめます。

お子様連れにお勧めの旅館は、3才以下のお子様の添い寝は無料となりますし、海を眺めながら入れる家族風呂の利用も可能なので家族で気兼ねなく入浴できます。

能登半島は大人も子供も楽しめるので、風情ある旅館に泊まってみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ