房総はペット同伴の旅館もある等、誰にでも優しい魅力を持つ土地です。

房総の魅力は一言では表せません。
海に囲まれた湾岸線一帯は国立公園に指定されていて、海水浴やハイキングを目的に、年間約500万人もの観光客が訪れます。
アクアラインが開通してからは首都圏からのアクセスが良くなった為、ますます人が流入するようになりました。

都心に比べて冬暖かく夏は過ごしやすい気候なので、季節を問わず魅力を楽しめ、1年中花が咲き乱れる景観は、比較的温暖なこの土地ならではです。

農業が盛んで地産地消に取り組み、どこでも新鮮な野菜を食べられる他、田んぼでは夏には蛍が舞い、秋には稲刈り後ののどかな天日干しの風景を見る事が出来ます。

海の眺めは南国そのもので水は透き通るほど美しく、絶滅危惧種に指定されているアカウミガメの産卵が確認される場所でもあります。
白浜温泉や野嶋温泉等、湯を楽しむ所も多く、海や山の幸と一緒に温泉を堪能できる旅館が多数あります。

また、ここにはペットと泊まれる旅館も多く、宿から海岸へ出られたり、ドッグラン併設で愛犬と一緒に旅を楽しめる施設が豊富です。
オーシャンビューや畳の部屋、食事から就寝まで1日中一緒にいられる所など、旅館のコンセプトは様々です。

その他にも、半島にはペット同伴ができるカフェやお店が多く、観光客に人気の洋風造りのローズマリー公園内にある博物館等も、犬を抱きかかえれば入場可能となっています。

房総が旅行客に人気なのは、全ての人を優しく受け入れる場所であるからと言えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ