鬼怒川温泉の観光と旅館で身も心もリフレッシュしましょう

かつて、東京の奥座敷と呼ばれた鬼怒川温泉は、現在でも年間200万人以上が訪れる大人も子供も楽しめる観光スポットです。
江戸ワンダーランド日光江戸村や、東武ワールドスクウェアのようなテーマパークはもちろんの事、鬼怒川温泉ロープウェイでは四季折々の草花や雄大な自然を楽しめ、山頂にある猿山の猿を見られる他に温泉神社が置かれ、展望台から眺める景色は清々しい気分になります。

また、温泉地らしく公共温泉浴場や足湯が点在していて誰でも気軽に立ち寄れるので、電車の待ち時間の利用や、観光客同士のコミュニケーションの場になっています。

鬼怒川沿いの両岸には、大型のホテルや旅館が軒を連ね、ほとんどの施設が日帰り入浴も可能となっていますが、やはり、宿泊して旅の疲れを癒すというのが温泉地の醍醐味ではないでしょうか。

長屋門をくぐると、水のせせらぎと若竹の香りに包まれる旅館「若竹の庄」は、庄屋のもてなしの心を理想に、ひたむきな接客に努めています。

館内の設備は整っており、爽快な気分を味わえる大浴場をはじめ、益子焼のユニークな登り窯を模したサウナや、岩風呂の露天風呂など充実し、食事は一品ずつ味わうこだわりの会席料理のフルコースが堪能出来ます。

他にも、湯けむりまごころの宿「一心錦」の館内には、スタッフ手作りの小物があふれ疲れた心もほっこり和みますし、ウェルカムサービスの手作りお菓子を食べれば旅の疲れが吹き飛びます。

客室には手作りの小物や郷土玩具が飾られるなど、故郷の温もりを感じさせる工夫がなされ、鬼怒川で唯一の自家源泉のお風呂はクアハウスになっており、健康作りに役立ちそうです。

魅力溢れる鬼怒川の観光と旅館を満喫すれば、身も心もリフレッシュされるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ