佐世保の旅館で海の幸を堪能する旅

複雑に入り組んだ長い海岸線の前に九十九島の多島海が広がる佐世保は、豊かな自然に囲まれた歴史と文化の街です。
明治期に、鎮守府造営と都市づくりに全国から選りすぐりの海軍や、造船、機械工が集まり、今でも国防の街として知られています。
また、国内最大級のテーマパークであるハウステンボスや、九十九島の海賊船での遊覧やシーカヤックでの海の散歩、水族館が併設する西海パールシーリゾートなど、観光都市としても機能しています。

加えて名所が多く、かつて海底炭田として栄えた軍艦島や、居留地時代から現存する日本最古の木造洋風建築があるグラバー園があります。
島エリアでは、隠れキリシタンの里の黒島や昔日のロマンを感じさせる街並み、自然の景観が残る宇久島も有名です。

宿泊施設も異国情緒が感じられる宿が点在し、ホテルオークラJRハウステンボスは、ハウステンボスの入国口に隣接し、街並みに溶け込む外観と上質なファブリックで特別な時間が過ごせます。

他にも、九十九島温泉花みずきスパは、西海の鮮度抜群の海の幸をふんだんに使った料理が堪能出来ます。
さらに、高濃度のミネラルが複数含まれる自家源泉の天然温泉が自慢の宿です。

平屋のどこの棟からも海が見渡せる、旅館の潮幸の宿はな一は、海の幸を活かした日本料理が評判で、料理長による本格和食を学べる料理教室やパン作りの教室も行っていて、地元の人からも親しまれています。

自然の恵みをたっぷり味わえる佐世保の旅館でくつろぐ旅行は、身も心も満たされます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ