修善寺温泉の旅館選びは「旅ナビ」で検索

伊豆半島にある修善寺温泉は日本百名湯にも選出され、平安時代に弘法大師が温泉の起源である独鈷の湯を湧出させた開湯秘話が残っています。
温泉街の中心を流れる川の中に独鈷の湯がありますが、今はシンボル的存在となり入浴はできず、9つあった外湯の中で現在は筥湯のみ利用可能です。

伊豆修善寺温泉旅館協同組合では「旅ナビ」をネット上に掲載しており、観光・宿泊・アクセスなどの情報を発信しています。

宿を探す場合は、日程や人数、その他必要箇所にチェックを入れて検索しても良いですし、露天風呂付・貸切風呂・ペットと泊まれる宿など、9項目の目的別に指定しての選択も可能です。

例えば、「部屋食ができる宿」の項目をクリックすると、即座に8軒の宿情報が外観の写真と共に画面に現れ、その宿の特色やお勧めプランとその料金がわかります。

気に入ったところがあれば、「宿詳細はこちら」のボタンからさらに詳しい情報が入手でき、予約画面のフォトギャラリーで具体的なイメージが膨らみます。
組合に加入する旅館のお勧めプランの料金の多くが1泊2食付きで2~3万円台という中で、57,750円と一番高い設定の旅館があります。

二間続きの和室で源泉掛け流しの半露天風呂が付き、部屋食で伊豆の特産物、海と山の幸が豪華に並んだ懐石料理に舌鼓を打ち、普段味わえない贅沢な時間を過ごすことができます。

また、1泊朝食付1万円以下で泊まれる低料金の宿が3軒、素泊まりで5~6千円代の料金の宿も2軒あります。
「旅ナビ」で検索すれば、自分の予算や目的に合った宿に出会えます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ