海に囲まれている南知多には新鮮な魚介類の料理と温泉が楽しめる旅館があります

愛知県知多半島の南端に位置する南知多町は、三方海に囲まれた場所にあります。
中でも内海には、日本の渚100選に選ばれた白砂のリゾートビーチがあり、温泉も湧き出ていて人気のスポットです。
他にも隣接している山海には波がない安全な海水浴場があり、家族連れに人気のビーチで、西海岸はサーフスポット、東海岸は岩場の多い釣りのスポットと海のレジャーが満喫できます。

豊浜は漁師の街として有名で、海産市場や新鮮な魚介類を食べられる店が軒を連ねています。
豊丘では潮干狩り、隣の大井には海釣りの釣堀もあるので、初めて釣りに挑戦する方でも安心して体験できます。

少し離れた篠島では、日本で唯一の海上海釣りの釣堀があり、日本の夕日100選にも選ばれた美しい景観が望めます。
海の幸の宝庫と言われ、遊ぶところも豊富なこの町にも素敵な旅館が点在しています。

ほとんどの旅館は海沿いに位置しているので、部屋からはオーシャンビューが望め、温泉は、水平線と広い海、夕日を眺められる露天風呂で絶景を満喫しながら寛ぐことができます。

料理は三河湾と伊勢湾に囲まれて暖かい黒潮の新鮮な海の幸が毎日港から水揚げされているので、お造りは料理を出す直前に調理し、季節によってふぐや鯛、伊勢海老やあわび、大あさりといった高級な食材を使った食事も旅館で充分に味わえます。

その日の水揚げによってメニューが変わる旬の魚介類をふんだんに使用した料理が堪能できるので、どんな料理が出るのかも楽しみのひとつです。
美味しい海の幸と綺麗な景色に囲まれて、癒されてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ