これぞ日本旅館と銘打つ会津の老舗旅館

プロが選ぶ日本のホテル、旅館百選と旅行新聞社が主催する宿の人気ランキングがあります。
それは料理、施設、企画そして総合で評価するものですが、上位に常にランクインしている大型の宿泊施設は、いつも団体客で満員となっており盛況です。
贅を尽くした設えや豪華な料理も良いですが、時にはどこか懐かしく鄙びた温泉宿でゆっくりしたいという人にお勧めしたい施設があります。

それは、ホームページで「これぞ、日本の宿、日本旅館」と銘打つ、会津東山温泉に由緒ある建物が佇む向瀧です。
会津藩から委ねられた温泉宿を、明治、大正、昭和と受け継ぎ、現在も現役で旅館として営業を続けています。

平成8年、国の登録有形文化財の第1号に指定を受け、四極通商サミットの晩餐会も桜満開の中庭で開催されたことでも有名で、海外の要人も重厚で歴史ある木造の建物とスタッフの心遣いに日本旅館の真骨頂を味わったことでしょう。

温泉街の中心を清らかな川が流れ、その川の周りをお盆には会津磐梯山の盆踊りの輪が広がり夏の風物詩となっており、その景色に向瀧の風情ある建物が一層趣を加えています。

宿泊した客は、一様に日常から離れたひとときを歴史的建築の中で過ごす幸せや、日本旅館の良さを堪能できたと賞賛の声を寄せる旅館です。

建物の素晴らしさと共に土地ならではの素材と味の料理、スタッフの笑顔とサービスも好評で、それは世界最大の旅行口コミサイトのトラベラーズチョイスアワード2014を受賞したことでも証明されています。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ