日光東照宮が徒歩圏内の便利な旅館

栃木県の北西部に位置する日光東照宮は、徳川家康を祀る神社で世界遺産に登録されています。
その建物には動物の木彫の像が多く見られ、特に「見ざる、言わざる、聞かざる」の三猿と左甚五郎作の眠り猫が有名です。
社殿は数え切れないほどの彫刻で飾られ一日見ていても飽きないほどですし、その意味なども考えながら鑑賞すると味わい深いものがあります。

周辺の華厳の滝や美しい中禅寺湖、霧降高原などの名所と共に巡る観光客がたくさんいます。

江戸時代の文化を体験できる施設や、世界的な建築物を25分の1に縮尺した施設があるエリアも周辺にあり、家族連れで賑わっていますし、急な勾配とカーブが続くいろは坂の見事な紅葉も有名で、とても一日では遊び切れません。

そこで、東照宮まで徒歩圏内にあり、観光地巡りで疲れた体を癒す事ができる温泉のある旅館の利用をお勧めします。
東照宮まで徒歩7分、駅からもタクシーで5分の位置にある日光東観荘は、仙台の伊達公の別邸跡に建つ由緒ある宿です。

名物の湯葉を活かした料理は、伊達正宗が当時食したと言われる料理を現代風にアレンジした本陣料理と、精進料理で客をもてなしています。
肌に優しい単純アルカリ泉の露天風呂と大浴場は常に清潔で、料金も1万円前後と安心価格です。

また、日光千姫物語は歩いて約5分で、客室は和室、和洋室、露天風呂付き、そして特別室のほかにシンプルなツインルームがあり部屋タイプを選べます。

庭園風の露天風呂は四季折々の風情が眺められ、開放的なウッドデッキが付いているので肌で自然を感じられます。

30日以上前の予約でお得に泊まれる早割プランや、なかよし母娘プランなどが喜ばれている旅館です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ