鳥取にある満足価格の旅館

鳥取は日本海沿岸に広がる砂丘で知られていますが、全国の県庁所在地の中でも人口が20万人弱と最少の都市です。
砂丘は日本三大砂丘の一つとして国の天然記念物に指定され、南北2.4km、東西16kmに広がるその雄大な景色と、10万年という歳月をかけて少しずつ堆積された歴史を体感しようと沢山の人々が訪れます。
市内のタクシー会社では、砂丘や因幡の白兎伝説が残る白兎海岸、白亜の洋館仁風閣を巡る2~3時間の観光コースなどが用意されています。

この砂丘近くには屋外の遊び場こどもの国があり、体験工房のオリジナルグッズ製作が人気を集め、家族連れで楽しめる場所です。
また、繁華街に湯けむりを上げる鳥取温泉は明治37年に偶然掘り当てられた温泉で、現在もこんこんと湯が湧き出ています。

そんな鳥取観光へのアクセスが良く満足価格の旅館が、JR鳥取駅から僅か5分の距離にあります。
ホープスターとっとりの自家源泉天然掛け流しの湯に浸り、夕食に牛ステーキが付くお得プランは8千円で釣り銭が来ると言う満足価格です。

さらに、温泉旅館丸茂もコストパフォーマンスの良い旅館で、同じく源泉掛け流しの湯が用意されており、男湯は日本三銘石の一つ佐治石を配した岩風呂で、女湯がリラクゼーション効果と殺菌作用のある檜風呂となっています。

食材の宝庫と言われる日本海で獲れるのどぐろやサバ、11月には味覚の王様松葉ガニも解禁となり、これら地産地消の旬の食材を季節に合わせて調理した会席料理が自慢です。

スタンダードプランは11,550円からと、満足いく価格の宿になっています。
全国的にも珍しい県庁所在地に位置する温泉に浸り、旬の食材に舌鼓を打ってみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ