歴史ある越後湯沢温泉の湯に入れる旅館

新潟県に位置する湯沢町は日本有数の別荘地として知られており、リゾート開発でのモデルになることも多い場所です。
古くから三国街道の温泉地にもなっているこの地は、開場800年の歴史ある越後湯沢温泉があり、気軽に入れる外湯も充実しています。
その5つの外湯で利用可能な1,500円の共通券を購入すれば、お得に温泉巡りが楽しめて便利です。

そういった温泉地を訪れる際は、気軽に湯巡りができる外湯を楽しむのも良いですが、せっかくですので旅館に宿泊してゆったりと過ごすことをお勧めします。

宿に泊まるとあまり時間に縛られることなく湯に浸かれるため、寛ぎながらのんびりとした時を過ごせます。
そういった宿に「一望千里 御湯宿 中野」があり、400年もの歴史を誇る素晴らしい眺望が自慢の老舗宿です。

一望千里の露天風呂は屋根がなく開放感たっぷりで、遠くには谷川岳も眺められますし、夜になると夜景も綺麗に映えます。
露天風呂だけでなく大浴場からもこの景色は見られ、さらに体の不自由な人でも利用しやすいよう補助椅子も置いてあります。

続いて「和みのお宿 滝乃湯」は竹林に囲まれた粋な宿で、趣きの異なるタイプの客室が計5つ用意されています。

肝心の温泉は広々空間の大浴場や四季折々の風景が楽しめる露天風呂、宿泊者限定となる無料貸切り半露天風呂などが設けられ、ゆったりと日頃の疲れを洗い流せます。

湯沢の温泉に浸かれるこのような旅館を利用し、湯に入ってリフレッシュしてみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ