趣のある旅館が一杯の道後温泉

夏目漱石の「坊ちゃん」で舞台になった場所として余りにも有名な愛媛県松山市の道後温泉は、「坊ちゃん」ファンならずとも活気に溢れ、良質の温泉に浸かれるこの温泉郷を一度は訪れたいと思う方は大勢いるでしょう。
いつも観光客で賑わう知名度のある温泉だけに、それを迎える旅館群もその名に恥じない質の高い宿が揃っています。
道後温泉ふなやは、1627年頃寛永年間に創業された道後屈指の老舗旅館で、重厚な門構えや1,500坪もある庭園など至る所に風情が感じられる宿です。

夏目漱石、正岡子規、伊藤博文、新渡戸稲造、与謝野晶子といった政界人や文化人が来館しています。

道後温泉のシンボルとも言える建築物の道後温泉本館は絶対に見逃せないスポットですが、その目の前にある道後の宿葛城は温泉街の中心に位置した立地条件抜群の宿です。

広々とした大浴場の「大師の湯」と浮世絵が壁に描かれている「白鷺の湯」を楽しみながら、夕食は瀬戸内鯛の刺身や兜煮や、一つずつ炊き上げている釜飯などを堪能できます。

坊ちゃんとマドンナがお出迎えをしてくれるホテル椿館はレトロな雰囲気漂う宿で、エントランスを入れば美しい吹き抜けのロビーが姿を現し、その明治調に統一されたデザインがタイムスリップしたかの様な気分にさせてくれます。

21時からは大迫力の水軍太鼓ショーが無料で鑑賞できるので、宿泊中の楽しみも増えるでしょう。

散策して良し、泊まって良しの道後はリピートしたくなる温泉街です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ