高原リゾート山中湖周辺の旅館について

標高1,000mで富士山に最も近いと言われる山中湖は、周囲をなだらかな山々に囲まれている湖です。
富士山麓に位置する富士五湖に数えられ、湖面の面積は6.67平方キロメートル、湖面の標高も982メートルと全国3位に挙げられるほど高い場所にあります。
この湖を中心に広がる山中村は夏でも平均気温が20度前後となるため、避暑地として多くの人々が集まってきます。

それだけでなく、自然や文化を観光対象にしたエコツーリズムを勧めている場所でもあり、エコツアーやガイダンスなどを組んで積極的に行われています。

このような高原リゾートの山中湖には旅館もいくつか点在しており、沢山の観光客に利用されています。
そうした宿を挙げてみますと、例えば「割烹旅館芳野」は、1日4組限定の隠れ家的宿です。

風呂は新富士の湯からの汲み上げによる掛け流しの温泉で、神経痛や筋肉痛、関節のこわばりといった症状に効くとされています。
食事が出る料亭は宿内でも特に力を入れており、真心のこもった創作料理を時間に縛られることなく味わい尽くせます。

「富士と湖の宿 多賀扇」は、別荘感覚で利用できる客室が20室ある宿泊施設です。
和室からは富士山、そして和洋室・洋室からは湖の雄大な景色が見渡せる客室が自慢で、自然の眺めを満喫することができます。

この宿で出される料理は、港より毎日送られる魚介類と山梨特産の山の幸を使った会席料理で、旬の食材を存分に楽しめます。

高原リゾートの山中湖を訪れる際は、近くにあるこういった旅館を利用すると良いでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ