露天風呂付客室がある水上温泉の旅館

みなかみ町は群馬県の最北端、利根川の最上流にあり、日本百名山の一つ谷川岳の登山口があり、登山客や観光客が沢山訪れる地域です。
温泉にも恵まれ、水上や猿ヶ京、月夜野、上牧などでは、上質の湯が豊富に湧き出ています。
また、最近は自然体験やラフティングなどのアウトドアを楽しめる地としても人気のあるエリアです。

水上温泉郷エリアには旅館やホテルの宿泊施設が多数存在し、浴衣と下駄のそぞろ歩きが似合う素朴で懐かしさを醸し出す温泉街となっています。
水上温泉の露天風呂が付いている客室は、家族連れやカップルに人気があります。

「源泉湯の宿松乃井」の天然100%の露天風呂付客室プランは、上州牛の塩釜焼きをメインに自社農園で育てた野菜を使用した会席料理の食事や朝食バイキングが付いて2名で5万円程です。

4本の源泉を持つ湯は加水なしの源泉掛け流しで、大浴場にはミストサウナや、読書・昼寝ができる低温のサウナが付いています。
奥利根スキー場の手前にある「蛍雪の宿尚文」は、天然木の田舎造りの宿で、自然の木の香に包まれる和の客室が7つの旅館です。

各部屋それぞれが趣向を凝らした異なる間取りで、そのうち露天風呂付客室は4部屋あり、植物の名がつけられた部屋となっています。

笹ゆりと名付けられた部屋は、広々した和室12畳にツインサイズのベッド2つの寝室、デッキテラスの檜露天風呂で木の香漂うなかでゆっくり疲れを癒すことができる一番贅沢な客室で、平日プランは32,400円からとなっています。

時にはゆったりと旅館で過ごす休日はいかがでしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ