有名温泉地の箱根で高級旅館に泊まろう

1人旅や夫婦・友人と巡る旅行など、どのメンバーでも利用が勧められる形態の宿泊施設があります。
それは高級旅館で、この形態は旅館業法と言われる法律に基づきながら、日本の伝統を大事にした古風な家具や調度品で統一された高級感ある宿のことを指します。
スタッフの呼び出しを必要としないほど宿泊において必要な物が完備されており、始終気持ち良く時を過ごせます。

また、娯楽目的の宿泊施設とは違い、ゆったりと優雅に寛ぐものと捉えられているので、エステ体験が可能だったり、部屋に露天風呂が付いていたりとリラクゼーションも充実しています。

このような高級とされている宿は全国各地に存在していますが、古くからの温泉町で現在も多くの観光客が集まる箱根にも見られます。
例えば「季の湯 雪月花」は、最寄り駅から徒歩1分とアクセスしやすいながらも、周囲を豊富な自然に囲まれたハイクラスの旅館です。

全158室設けられた客室には、花、菖蒲、果物など四季折々の香りを浮かべた檜の露天風呂が置かれ、気軽に湯に浸かってリフレッシュできます。

さらに、部屋には普通の茶以外に抹茶セットも用意されており、茶せんや茶碗を用いて気ままに和の風味が楽しめます。
他にも、芦ノ湖を一望できる宿の「和心亭 豊月」は、数奇屋造りの洋式を中心とした館内が特徴の高級旅館です。

部屋は和の温かみが感じられる和室、窓が大きく広々空間の特別室などがあり、また、ここでしか味わえない極上のリラクゼーションとしてエステも体験することが可能で、ゆったりとした一時が過ごせます。

誰と来てものんびりと休める箱根の高級旅館へ、一度泊まってみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ