今話題になり人気のある松島の旅館

日本三景の一つ宮城県の松島は、湾内外にある大小260を超える島々と周囲を囲む丘陵の織りなす景色は壮観で、五大堂や瑞巌寺と言った名所旧跡も残り、修学旅行にも人気のエリアです。
このエリアにある「一の坊」は、7千坪の水上庭園とその先に広がる海を一望できる露天風呂があり、松島を満喫できます。

天然100%の温泉で、内湯のほか露天風呂やサウナがあり、新しいコンセプトとして緑あふれる庭園にスパもあります。

極みのロウリュサウナは、世界でも注目されている最新式の熱波サウナで、大量の発汗作用によって新陳代謝が促進され、溜まった老廃物が体外へ排出されるので、サウナで汗をかいた後は岩塩岩盤浴で失われたミネラル分を補給して下さい。

一の坊では、季節限定の特典付きのプランがいくつか用意されており、あわびと秋の味覚たっぷりのプレミアムディナーや、芸術の秋を楽しむ美術館無料入館券が付いたプランなどがあります。

もう一つ人気があるのが「小松館好風亭」で、専用露天風呂付客室や海の上に位置する部屋など8種類の部屋からタイプをチョイスできます。
食事は紅殻かまどのレストランで、こだわりの炭火焼から好みの4品を選び家族それぞれで楽しむことができ、おもてなしの心が感じられる旅館です。

料金は部屋やプランの内容によって異なりますが、平日1万5,000円からとなっています。
なお、花束や特製ケーキの注文も受け付けているので記念日の利用もお勧めです。

このように、景色だけでなく料理や特色を持つ旅館が松島にはあります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ