源泉掛け流しを楽しめる蔵王温泉旅館

世界的にも有名な樹氷が見られる蔵王温泉スキー場は、雪質が良いだけでなくコースも変化に富んでおり、スキーヤーにとっては憧れの場所でもあるでしょう。
そんな蔵王を訪れて欠かせないもう一つは何と言っても温泉で、1900年前に開湯された東北の誇る名湯なので、スキーヤーならずとも温泉だけを目的に山形を訪れても大満足できる旅となります。

源泉掛け流しを楽しめる蔵王温泉のお勧めの旅館としては、まず岩清水料理の宿季の宿が挙げられます。

東に蔵王山麓、西に鴫の谷地沼というロケーションの閑静な場所にあり、ウェルカムサービスではおしるこが用意されていて、宿に着いてホッと一息つける甘党にはたまらないおもてなしです。

露天風呂「代吉の湯」は2005年に完成され、蔵王の自然を愛でながらの入浴を楽しめますし、また内湯大浴場は窓から日が燦々と差し込み開放的な雰囲気となっています。

二つ目は深山荘高見屋で、創業300年もの歴史を持つ老舗宿です。
館内の随所に日本の伝統美が感じられ、純和風の木の造りの建物が心を和ませてくれます。

お風呂は美しい川のせせらぎをBGMに、山形伝統工芸職人が作り上げた露天風呂が楽しむ事ができます。
最後に挙げるのは和歌の宿わかまつやで、歌人・斉藤茂吉ゆかりの宿としても知られています。

高台にあるこの旅館は特に3・4階からの眺めが最高で、そんな景色を見ながら部屋にある短冊と筆ペンで短歌・俳句・川柳等を詠むのも趣があるでしょう。

全国でも珍しい蔵王温泉の強酸性の硫黄泉は、とろりとした肌触りでお肌がすべすべになります。
名湯を味わいに、是非蔵王温泉へ足を運んでみては如何でしょうか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ