温泉と絶品海鮮料理、絶景を味わえる知多半島の旅館

愛知県の地図を見ると、三河湾を挟んで両側に半島が突き出た形をしています。
名古屋から南に突き出ている半島が知多半島で、空の玄関口である中部国際空港があり、名古屋から車で1時間というアクセスの良さもあって人気の観光地です。
半島全域は5つの市と5つの町から成りますが、特に南知多エリアには内海、山海、豊浜の温泉地が温泉郷を形成し、獲れたての海の幸が味わえる旅館も数多くあります。

国道沿いに温泉旅館が点在し、そこから見る海の夕陽は絶景と評判です。

中部地方随一の海水浴場で賑わう内海地区ですが、温泉も1988年開湯と比較的新しい歴史を持ち、地下1,300メートルから湧出する化石成分を含むその泉質は薬効が豊富にあります。

旅館をいくつか挙げると、目の前が海水浴場、ビーチランドまで15分という好立地にある豆千待月は全室オーシャンビューで、伊勢エビ、ふぐ、活鯛をはじめ新鮮な海の幸と、知多半島産まれの知多牛などを料理に取り入れ、地元の味に舌鼓を打つことができます。

山海温泉にある粛海風は、眺望を誇る露天風呂が自慢で、絶景露天風呂、貸切露天風呂の数が5種類あり、贅沢な露天風呂が付いた特別室が3室ある宿です。

料金は、夕食が料亭個室で楽しめる海鮮会席料理のプランで2万円弱というお得な設定になっています。
残る豊浜地区にある天然温泉の旅館うちの1軒の花乃丸は、予約なしでも美味三昧のコースが楽しめます。

是非、家族で知多半島を満喫しましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ