壱岐島をたっぷり楽しめる旅館

長崎県に属する壱岐は玄界灘に浮かぶ九州と対馬の間にある島で、美しい海を楽しむだけでは勿体ない独特の魅力があります。
島内には24社もの神社がありますが、九州全体の109社のうち、この小さな島だけでその2割を占めています。
また、古墳も多く存在し、その数は256基にも上ります。

この島固有の歴史の足跡であり、この地を訪れて歴史に触れていけば、ヤマタイ始まりの島、神々の棲む島と呼ばれるゆえんに頷く事でしょう。
マリンスポーツと共に古墳や神社巡りをして、神々しさを感じてみませんか。

宿は海沿いに多く、美しい景色を眺めながら新鮮な魚介類をいただけますので、島ならではの楽しみが満喫できます。
平山旅館は日本の小宿10選にも選ばれており、ここの温泉は神功皇后が産湯に浸かったとされる伝説が残る「島の千年湯」です。

開泉350年の歴史があり、天然温泉掛け流しの湯は全て飲用が可能で、自慢の料理は全国的にも評判が高く、これまでに数々のマスコミから取材されているので、名前を知っている方もいるのではないでしょうか。

天然鴨鍋・ウニ飯・鯛飯・玄界灘の天日干し干物・壱州米など、厳選された素材で旬の味を堪能できます。
海里村上は「全てにおいて本物」がテーマの宿で、全室オーシャンビューで和室と和洋室が用意されています。

琉球畳・アンティーク家具等でセンス良くコーディネートされた部屋からは、夕日100選にも選ばれた絶景を見る事ができます。

他にも、ビューホテル壱岐・かねや別館・旅館網元など、目移りしてしまう様な宿が沢山ありますので、是非、壱岐を訪れて観光・温泉・食事を楽しんで下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ