注目される伊豆長岡温泉にあるときわ旅館

全国にときわ旅館と名の付く宿は多数あり、特に西日本地方に多く見受けられます。
漢字表記にすると、「常盤」は永久不変な岩の意味で、「常葉」は冬でも緑色のままといった様子を指します。
いずれも永久不変という意味合いで使われ、このような由来からか旅館にその名を冠していると思われます。

愛媛県大洲市のときわ旅館は昔からお遍路宿として親しまれてきた宿で、同じく今治市にも同名の宿がありますが、築100年と歴史を感じる民家風の建物で、瀬戸内産の新鮮な魚料理が自慢です。

その他、姫路市にもビジネスに便利な長期滞在型の旅館、静岡市のアットホームなビジネス旅館など様々な場所に見られます。
その中でも一際注目されるのが、伊豆長岡温泉にあるときわ旅館です。

大正時代の創業が始まりで、当初は料亭として、昭和に入り伊豆の長岡で旅館としてスタートした純和風の落ち着きある宿で、懐石の宿の草分け的存在で評判が高く、板長が工夫を凝らしたその料理は月替わりで季節ごとの旬の味が楽しめ、朝夕の食事も部屋食で気兼ねなくゆっくりと味わえます。

又、若返りの湯と名高い良質な天然温泉は肌がすべすべになり、大浴場には贅沢な伊豆石をふんだんに使っているため滑りにくく、年配者や子供にも安心な設計です。

その他に、岩を配した野趣溢れる露天風呂や、カップルや家族に人気の貸切露天風呂があります。

客室は趣の異なる5つのタイプの和室が設けられ、旅の目的や予算に合わせて選べます。

テレビ番組で最優秀旅館賞を受賞したこの旅館で、正統派の懐石料理と若返りの湯を楽しみましょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ