緑豊かな花巻温泉で旅館に泊まろう

岩手県内の中西部に位置する花巻市には、東北屈指の温泉地の花巻温泉がある場所で、多くの観光客で賑わいを見せています。
その歴史は、1923年に2km程山間にある台温泉から引湯したのが始まりとされており、現在では源泉も持っています。
温泉街は松や桜並木などの自然に囲まれた明るい雰囲気を持っていて、春にはその桜が一斉に咲き誇る美しい姿を見ることができます。

また、童話作家の宮沢賢治や智恵子抄の詩集で知られる高村光太郎らにも親しまれた地で、周辺には宮沢賢治ゆかりの記念館といった観光も楽しめます。

この花巻温泉街の旅館についていくつか紹介しますと、例えば「結びの宿 愛隣館」は、17もの多彩な浴槽で源泉100%の湯に浸かれる人気の宿です。

内湯は眼前に豊沢川と緑が生い茂る森を眺めながら湯船でのんびりでき、天気が良い日には目の前の窓が全て開かれるので、半露天で伸び伸びと湯を楽しめます。

更に、水深が1m~1m30cmと浴槽としては深めの露天風呂は立ち湯形態となっており、立った状態で頭から足の先までじっくり体を温められます。
他にも、県木の南部赤松に囲まれた「佳松園」は、自然の静けさに包まれながらゆったりとした一時を過ごせる旅館です。

柔らかな肌触りの湯を大きな窓ガラスが印象的な大浴場や木の温もりが感じられる露天風呂などで満喫でき、日頃の疲れを存分に癒やせます。

花巻温泉のこのような旅館を利用して、自然の中で心身共に体を休めてリフレッシュしてみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ