伊豆高原の旅館で明日への活力を養う

日本のほぼ中央に位置する静岡県、その東端にある伊豆半島は周囲を海に囲まれ、温暖な気候でリゾート地としても人気の高いエリアです。
中でも伊東市の南に位置する伊豆高原は、シンボルの大室山や伊豆の瞳とも称される一碧湖など豊かな自然に恵まれ、またユニークな美術館や博物館が建ち並ぶ魅力溢れる地域でもあります。
近辺には伊東カントリークラブといったゴルフコースも多く、ゴルファーは自然を満喫しながら最高のラウンドができます。

こうした観光やゴルフの後の楽しみは温泉に浸かりグルメを味わうことに尽きますが、そんな希望にマッチする旅館が伊豆高原には多数見られます。

日本の原風景を思い起こさせる懐かしい趣の旅館が、6,600坪と広大な敷地に山、田、畑、小川の里山の風景が広がる杜の湯きらの里です。
入浴場は高アルカリ性泉質の2つの源泉を持ち、8種類の湯船がある大浴場と自然に囲まれた借り切り風呂が日頃の疲れを癒してくれるでしょう。

好みによって選べる4つのタイプの部屋はそれぞれ趣が異なります。
他にも、離れ宿夢のやは全6室露天風呂付きで、離れタイプのワンランク上の温泉旅館です。

食事は個室で伊豆の旬の恵みがたっぷり味わえて、都会の喧騒を離れ静かな時間を過ごすことができます。

宿泊プランは色々取り揃えられており、3万円前後の料金帯にて宿泊が可能です。

伊豆高原の旅館で、湯船に浸りながら目を閉じて懐かしい故郷を思い起こしたり、静かな時間を過ごせば、明日への活力が養えるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ