家庭的な雰囲気で癒しを感じさせる浅間温泉の小さな旅館

信州の浅間温泉は松本駅からバスで20分で、城下町松本に1300年湧き続ける名湯です。
長野県のほぼ中央に位置し、四季折々の大自然にも恵まれ、松本城や城下町の散策、安曇野などの観光拠点としても最適です。
また、北アルプスや上高地、乗鞍、美ヶ原への登山やハイキングにも沢山の愛好家が訪れ、帰りに立ち寄って汗を流す場所としても好都合な地となっています。

浅間温泉の湯は県内でもトップレベルの湯量を誇り、50度の温度は加水や加温の必要がなく、完全な源泉掛け流しで入浴できる宿が多いという特徴もあります。

昔ながらの温泉街で、家庭的な雰囲気も、ファンも多い小ぢんまりした宿があります。

寛ぎの小さな湯宿富士の湯は、趣の異なる情緒あふれる純和室10室の旅館で、打ち水で清められた玄関は掃除が行き届き、大きな甕に若女将が生けた季節の花が出迎えてくれ、随所にセンスの良い野の花が生けられており心なごみます。

遊び心満載の夕食は主人が腕を振るう季節の創作会席料理で、源泉掛け流しの貸切風呂は無料です。

明治18年創業の老舗旅館坂本の湯は閑静な佇まいの数寄屋造りの宿ですがペットと泊まれる旅館で、室内で飼っているペットなら部屋も食事の時も、家族の一員として一緒に楽しめます。

明るく清潔な一般客室と2間続きの特別室を併せても6室という、小さいながらも安らぎと寛ぎの宿です。

浅間温泉にはこの他にも、部屋数が10室を超えない小さいけれど癒しを感じさせる旅館が沢山あります。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ