複数の温泉地からなる加賀温泉郷に位置する旅館

加賀温泉郷は、石川県の小松市と加賀市にある複数の温泉地を指す言葉で、加賀四湯とも呼ばれています。
この温泉地に含まれるのは、1,300年もの長い歴史を持ち、開湯当時からの宿が現在も営業している粟津温泉や、同じ位古い歴史があり、松尾芭蕉や蓮如といった著名人も滞在したという山中温泉です。
他にも、明治時代に入ってから開発された場所の片山津温泉や、日本神話において導きの神と言われるヤタガラスの開湯伝説が残る山代温泉も加賀四湯の一つで、石川県内のこれら加賀温泉郷には近くに温泉が楽しめる旅館も多く林立しており、湯へ浸かりに観光客が訪れています。

例えば山中温泉に属する「みやこわすれの宿 こおろぎ楼」は、豊かな自然の中にひっそりと佇む老舗旅館です。

全7室設けられた客室には露天風呂が付いた離れの部屋もあり、天然100%の温泉に好きなだけ入浴できます。

また、浴場では渓流が見下ろせる絶景露天風呂と、小ぢんまりとした源泉掛け流しの内湯、そして檜の香りが漂う貸し切り露天風呂が設置され、美しい景観を楽しみながらゆったりと過ごせます。

そして、山代温泉に属する宿の「瑠璃光」は、日本の旅館100選にも選ばれた豪華な温泉宿で、御影石造りの湯量たっぷりの大浴場や、日本庭園を見渡しながら気軽に楽しめる足湯、さらに趣向を凝らした5種類の貸し切り露天風呂があり、湯を存分に堪能できます。

このような旅館を利用して、加賀温泉郷の湯を満喫してみてはいかがですか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ