優雅な時間を過ごせる山中温泉の旅館

石川県加賀市にある山中温泉は、加賀温泉郷の一つとして1300年の歴史を持ち、奈良時代の高僧、行基によって開湯された伝説の他、武将長谷部信連が開湯したなど複数の伝説があり、松尾芭蕉をはじめ多くの著名人も滞在した名高い温泉地です。
温泉街は文字通り山の中に存在し、山は勿論、谷や川の自然溢れる田舎の風情を味わえる所がこの地の魅力で、大聖寺川中流の鶴仙渓には、街のシンボル的存在のこおろぎ橋や個性的な形のあやとり橋、大正時代のレトロ感が漂う黒谷橋があり、温泉客の散策する人気スポットとなっています。

山中温泉で田舎の風景と温泉街の雰囲気を味わいながら優雅な時間を過ごせるお勧めの旅館はいくつもあります。
まず、「お花見久兵衛」はテレビで紹介される機会の多い人気の宿で、客室は全部で49部屋あり、宿泊は15,750円から利用可能です。

続いて「かがり吉祥亭」はこおろぎ橋が望める現代風の宿で、露天風呂付き客室といった全部で48室用意され、温泉は大浴場や露天風呂、立ち湯が楽しめ、料金は18,900円からの設定になっています。

次に客室が全部で10部屋の小さな宿「かよう亭」は、端正な空間を求めた客室や安心な素材を用いた料理、自然を独り占めできる温泉と様々な拘りを持ち、37,000円からの宿泊が可能です。

総客室44部屋の「吉祥やまなか」は24,200円からプランがあり、露天風呂付きなどの和室以外に洋室も用意され、自然療法をベースとした本格スパも館内で楽しめます。

山中温泉にはその他にもたくさんの温泉旅館がありすので、是非日常を忘れて温泉の旅を堪能して下さい。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ