旅館に泊まって渋温泉の九湯巡りへ行こう

ノスタルジックな雰囲気漂う渋温泉は、長野県の北東部に位置する下高井郡山ノ内町にあります。
渋温泉には地元の方が利用する九つの共同浴場が存在し、苦労を流し、厄除け・安産・育児健康・不老長寿等のご利益があると言われていますので、出産を控えている方や育児奮闘中の両親、年配の方にとって興味深い場所ではないでしょうか。
ただし、九湯巡りは渋温泉宿泊者のみに許可されており、それ以外の訪問客は9番大浴場のみの利用となります。

旅館へ宿泊した際は、渡される祈願手ぬぐいにスタンプを押して巡りますから、スタンプラリー感覚で楽しみながら湯巡りも行えてお勧めです。

宿泊できる宿をいくつか挙げてみますと、例えば「春蘭の宿さかえや」はチェックイン15時でチェックアウト11時と、滞在時間を多く取れてのんびりと過ごせるのが魅力の宿で、客室は全部で6タイプあり、和モダン・純和風それぞれに3種が用意されています。

どれも落ち着きのある雰囲気で粋な和を味わえるデザインに人気があり、リピーターが多いです。
九湯巡りにも便利な立地にあるのは「湯本旅館」で、館内では2つの自家源泉から湧き出る天然温泉を大浴場と貸切露天風呂で楽しむ事ができます。

木造3階建てで大正ロマンの薫り漂うその佇まいは古き良き時代を感じさせてくれ、通り過ぎる人達もつい足を止めてしまう程です。

源泉だけに命名が許される湯本旅館の登録源泉名喜四郎の湯は、加水・加温・循環・消毒なしの天然掛け流しですから、本物の上質の湯を味わう事ができます。

九湯巡りして、宿の温泉にも浸かってと温泉三昧を楽しめる場所です。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ