美味しい料理を出す所が多い北茨城の旅館

福島県いわき市と隣接している北茨城市は、茨城県の最北端の市です。
春には花園神社でシャクナゲの花を見たり、夏は海水浴、秋は阿武隈高地の紅葉、冬はあんこう鍋を食べたりと一年を通じて楽しみがあります。
特に、新鮮な海の幸が味わえる旅館が沢山ありますので、舌鼓を打ちに北茨城の宿を取ってみませんか。

「あんこうの宿まるみつ旅館」は、あんこう鍋・どぶ汁・あん肝等あんこう料理の発祥の地の平潟にあり、あんこうに携わって70年の歴史を持つ宿です。

あんこう入門者様プラン、あんこうファン必見プラン、あんこう極みプランとコース分けされており、この地元名物が食べられます。
地魚料理プランでは、幅45cmの板皿に8~9品の刺身が盛り込まれた大名刺身盛りが一人1皿付くボリューム満点な食事を味わえます。

県内でも珍しい泉温63.4度の天然温泉平潟港温泉が楽しめる3種類の浴場は、畳敷きになっている和室風呂・御影石と十和田石が使用されている石風呂・海藻が湯船にたっぷり入っている海藻露天風呂があります。

また、二ツ島川のほとりにある「うぐいす谷温泉竹の葉」は、竹林と渓流に囲まれ静寂に包まれた隠れ宿で、2009年に露天風呂付客室がオープンし、平日では1部屋限定で格安特別プランが用意されています。

海の幸と山の幸をふんだんに使って手間暇かけた心づくしの料理で、贅沢な時間を過ごす事ができるでしょう。

その他にも、「五浦観光ホテル本館・別館大観荘」「北茨城ロハス磯原シーサイドホテル」「潮騒が運ぶ旬魚の宿二ツ島観光ホテル」といった宿がこの地域にはありますので、絶品料理を食べながらのんびりしに訪れてみませんか。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ