女性一人旅にお勧めの香川の旅館

四国の香川県と言えば、うどん県の別名があるほど讃岐うどんの本場として知られています。
四国88箇所の霊場を巡るお遍路旅も中高年を中心に人気がありますが、最近は外国人や若者にも人気の観光地となっています。
目的地も決めずにふらりと出かける一人旅も気楽でよいのではないでしょうか。
仕事に行き詰った時や、ステップアップする為にも気分転換は必要なことです。

そんな時は温暖な瀬戸内海に面した香川県をお勧めします。
小説の舞台としても有名な小豆島や、こんぴら参りで親しまれる金刀比羅宮、日本一の石垣に鎮座する丸亀城など見どころは満載です。

女性一人旅ともなると、宿泊先は一人旅でも歓迎の旅館や防犯対策のしっかりした宿を選びたいもので、また、観光地情報や穴場スポットなども提供してくれる主人やスタッフがいると旅が一層楽しいものとなります。

創業400年の歴史を誇るこんぴら温泉郷の中にある老舗旅館の琴平花壇は、2008年にグランドリニューアルし、数寄屋造りの和の中に近代建築の洋のテイストが加わり、より癒しと寛ぎの時が感じられる空間となっています。

展望大浴場からの讃岐富士の眺望や琴平の町並みが、時間と疲れを忘れさせてくれます。
そして、早割りやネット予約でお得な料金システムがあります。

また、お勧めしたい宿として高松花樹海温泉の喜代美山荘があり、四季折々の樹木や草花に囲まれた人気の宿で、平成26年の旅館100選にも選ばれ花の宿とも呼ばれています。

周辺には天下の名園栗林公園や源平の古戦場、金毘羅さんなどがあり、香川の旅を目いっぱい楽しめます。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅館を調べる

このページの先頭へ