ちょっと変わった夏休みのレジャー

夏休みは、どうしても夜更ししがちになります。
そこで、どうせ夜更かしするなら、家の外に出てスターウォッチングというレジャーを楽しんでみませんか。
夏休みの期間には、年間を通しても大きな天体ショーがあります。
その中のペルセウス座流星群は8月13日にピークを迎え、1時間に100以上の流れ星を見ることができます。

この流れ星、つまり流星は、スイフトタットル彗星が残していった塵が地球の大気圏に入り熱によって燃えたもので、大きいものだと爆発音が聞こえたり、流星が通った後に煙が残ったりします。

流星自体の数も多いのですが、大きな流星の割合も多いです。
町の中にお住まいの方は街灯の光などが邪魔をして見えにくいものの、明かりの少ない場所を探せば見ることができます。

それ以外には、今話題のオリオン座の1等星であるベテルギウスでしょう。
オリオン座は冬の大三角の1つの星座で、本来は冬の星座なのですが、夜中の1時過ぎくらいになると東の空から上ってきます。

オリオン座さえ見つかれば、ベテルギウスを見るのは簡単で、赤い色の明るい星です。
この星がなぜ注目されているのかというと、天文学者の観測によって、近い将来爆発するという発表がされたからです。

この星の爆発を超新星爆発というのですが、爆発した場合、満月と同じくらいの明るさになるということです。
また、ベテルギウスは、太陽の20倍の質量があるので、爆発した後はブラックホールになる可能性が高く、地球でも多くのニュートリノが観測されるでしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:夏休みの旅

このページの先頭へ