LCC参入の第1号であるスカイマーク

格安航空会社LCCが参入して久しいですがその存在はすっかり定着し、人々がより気軽に空の旅ができる様になりました。
そのLCCの第1号がスカイマークで、参入当時では考えられない様な格安運賃にした価格革命は斬新なもので、日本の航空業界の起爆剤になったのではないでしょうか。
飛行時間が10時間以上にもなる様な国際線ならともかく、乗っている時間が1時間ちょっと程度であるならば、必要を感じないサービスは省いてその分安くして欲しいと思う人は多かったことでしょう。

移動が最大の目的であり、価値でもある飛行機利用において、最小限のサービスに留めてコストパフォーマンスに徹するというのは利用者側にとっては実に魅力的です。

老舗の大手会社JALやANAも「超割」「早割」「出張パック」等の割引プランを揃えて対抗策を打っていますので、それらを利用すればスカイマークと変わらない運賃で利用できる様になりました。

しかし、スカイマークの凄い所は、運行直前の購入でも格安であるという点で、誰しもが早くの段階から飛行機利用を計画できるとは限らない事から、利用者のニーズをしっかりと捉えていると言えるのではないでしょうか。

普通運賃でも格安ですが、更に特定の年齢層向けへの運賃割引もあり、満12歳以上22歳未満が対象のスカイメイト1と満60歳以上が対象のシニアメイト1では、空席状況に応じて運賃額が変わるというお得なサービスも提供されています。

LCCが参入した事によって飛行機の運賃やサービスを選択できる様になったのは、利用者にとって有益な事でしょう。

この記事を読んだ方は下記の記事も読まれています

このエントリーを含むはてなブックマーク Buzzurlにブックマーク livedoorクリップ Yahoo!ブックマークに登録

カテゴリー:旅行会社を調べる

このページの先頭へ